iPhoneは本当に使い物になるのか

バナー

iPhoneは本当に使い物になるのか

師範で売られているiPhoneは本王に使いものになるのでしょうか。


実際のところ全く使い物にならないというのが本音です。
iPhoneの場合andoroidと違い、rootの権限が最初からついている機種が全くありませんし、日本で売られているiPhoneのほとんがsimロックのかかっているものです。

よって、通信会社ですら変更ができませんし、海外にいったときも日本国内のiPhoneの通信会社で提供されている海外ローミングサービスを利用せざる終えません。海外ローミングサービスははっきりいって値段が高すぎます。

よって、一番安く海外でiPhoneを運用するためには、シムフリーのアイホンを購入するしかありません。



最近であれば、appleストアから購入できるようになり、シムフリーの可能性が増えましたが、それでも売られている機種のごく一部にすぎません。



まあ、海外こんなの海外出張の多い人以外関係ありませんが。

ただ、日本国内での利用に関しても問題山積みです。

とくに、どこものプラチナバンドと他者のプラチナバンドの感度の違いです。


田舎に行けば、まだまだDoCoMoの回線でしか接続できないとか山のようにあります。


このときシムフリーの端末であれば、DoCoMoのMNVOを使って通信を行うことや電話することが可能かもしれません。

シムロックのかかった端末であればそれ自体すらできなくなってしまいます。日本でも早くシムフリーになるべきなのです。